忍者ブログ
生きてて気づいた事をいろいろと書く日記。 何かしら気づくだろ。生きてりゃ。
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現実逃避でPCのパーツをちょこちょこ買ってたら一通りそろったので組み立てた。
OSは旧PCのドライブ使ってインストールして、終わったらはずしてドライブなしで良いかと思ってたので、
新しくドライブ買わなかった。

OSはUbuntu64bitに決めていざインストールしてみると、読み込みが遅い上、インストールの途中でへばってエラーが出てしまった。
インストールに使ったディスクは以前にも使ったことがあるやつだったので、焼きのミスではないし、ディスクが悪くなった訳でもなさそうだった。
仕方ないからほかの古いPCのドライブでも挑戦したんだけど、それも同じだった。
いちいちIDE抜き差ししてえらいめんどくさかった。
つかえるドライブが手元にはないと判明したのでUSBからブートしてインストールした。(USBにインストールしたのではない。)

使ったのがUNetbootinというソフト。(ここ
手元にあるiso形式のディスクイメージをUSBでbootableにしてくれるソフト。
win版とLinux版があった。
なんかいろんなディストリビューションのイメージにも対応しているみたい。
しかも、手元にイメージが無いときは一覧から選択すればイメージを勝手にダウンロードしてくれるっぽい。

1. ubuntuのイメージをダウンロード
2. 1G以上くらいのUSBメモリをFAT32でフォーマット(しなくてもいいかもしれない)
3. USBメモリをさしたままUNetbootinを起動
4. 落としたディスクイメージを選択。そして一番下の欄がboot用にしたいUSBになってるのを確認してOK押す。書き込みスタート
5. 終わるまで待つ(長い)
6. 終わったらUSBメモリの中のsyslinux.cfgというファイルをsyslinux.backupに変える。
7. isolinuxというフォルダをsyslinuxに変える。あと、その中のisolinux.cfgというファイルをsyslinux.cfgに変える
8. インストールしたいマシンにUSB挿して、bootのプライオリティをUSBにしてインストール。

でやった。インストールできたけど、OSの時計がくるってたり(BIOSの時計はあってる)、優先LANが使えなかった。USBインストールを疑って結局ドライブ買ってきてCDからインストールしたけど同じ結果だった。
M/BのLANが死んでるのかと思って、LANカード挿してやったけどだめだった。
調べてみたら同じような症状の人がいるみたいだった。
asus P5SD2-VMなんてしょぼマザーだからいけなかったのか、Linuxを乗せるのはきびしいかもしれない。

どうしよう。OS買うか…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
フリーエリア
プロフィール
HN:
ネジ
性別:
男性
最新CM
[01/12 th]
最新TB
(02/01)
(01/22)
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]